肝臓の役割・働き

 

身体の中でも一番大きな臓器が肝臓ですが、その働きや役割を知っていますか。
アルコールを飲みすぎたら負担がかかることくらいは知っていても、肝臓の働きについて何となくしか知らない人が多いのではないでしょうか。

 

肝臓には大きく3つの働きがあります。

食べ物をエネルギーとして代謝する働きが!

まず、食べ物から摂った栄養素をエネルギーとして代謝する働きがあります。
タンパク質や炭水化物、脂肪などの栄養素は、そのまま体内に吸収することが出来ません。
体内に吸収するためには他の物質に変える必要があります。
その役割を行っているのが、肝臓です。
身体に取り込まれた栄養素を化学変化させて体内に吸収できる物質に変化させている肝臓は、体内の化学工場とも言われています。
炭水化物に含まれるブドウ糖は、小腸から吸収されて肝臓に運ばれます。
そしてグリコーゲンに変わり、肝臓内に貯められます。
栄養が不足すれば身体の必要に応じて、貯蔵されていたグリコーゲンが再びブドウ糖に変化し、エネルギー源として代謝されていきます。
エネルギーの代謝以外にも、アミノ酸を合成したんぱく質を作る働きもあります。

 

有害物質を分解して解毒する働き

肝臓には、アルコールなどの有害物質を分解して解毒する働きもあります。
肝臓の働きでもっともポピュラーなのがこの解毒作用でしょう。
アルコールの他に、体内でたんぱく質が合成されるときに生成されるアンモニアや、老廃物なども分解して無害な物質に変えているのが肝臓です。
しかし肝臓の解毒作用にも限界があります。
アルコールをたくさん飲めば肝臓の働きが低下していきます。
肝臓は沈黙の臓器とも言われて、負担がかかっていても自覚症状が現れにくいという特徴があります。
自覚症状が現れた時には症状が悪化しているというケースが多いですから、中高年になれば定期健診を行うことが大切です。

 

胆汁を分泌する働きも

肝臓には胆汁を生成、分泌する働きもあります。
胆汁は脂肪の消化吸収をサポートする消化液で、肝臓では1日に700CCから1000CCほどの胆汁が生成されています。
肝臓内に胆汁が十分にないと消化吸収がスムーズにできなくなり、消化不良を起こしてしまいます。

 

肝臓には大きく3つの働きがありますが、これ以外にもさまざまな役割を担っているとても重要な臓器です。
アルコールの飲みすぎで肝臓の働きが低下すれば、さまざまなところに悪影響が及ぶことを知っておきましょう。

 

肝臓サプリランキング