LDL(悪玉)コレステロールを下げるためのサプリやドリンク比較

 

コレステロールといえばLDL(悪玉)コレステロールとHDL(善玉)コレステロールがあります。
そしてこのLDL(悪玉)コレステロールが血中に増えすぎると血液がドロドロになり動脈硬化などの原因になると言われています。
さらに放っておくと様々な病気にも関係してくる対策することが大事です。

 

このLDL(悪玉)コレステロールが高いと脂質異常症ということになり対策が必要になります。

 

おそらく偏った食生活などによってLDL(悪玉)コレステロール値が高いということで気になっている方はとても多いのではないでしょうか。

 

ではそこでLDL(悪玉)コレステロールを下げるために撮りたいおすすめのサプリメントやドリンクを紹介したいと思います。

 

色々調べられている方も多いと思いますが、LDL(悪玉)コレステロール値を下げるというサプリメントやドリンクは数多く販売されています。

 

商品によって成分も違えば価格も違いますしどれが良いのか迷ってしまうと思います。

 

そこで少しでも絞れるようにいくつかポイントを紹介したいと思います。

LDL(悪玉)コレステロールを下げる期待されている成分食べ物

まずはLDL(悪玉)コレステロールを下げるとして期待されている成分や食べ物紹介したいと思います。

DHAEPAなどのオメガ3脂肪酸

 

LDL(悪玉)コレステロールを下げるということで人気になっているのがDHAEPAなどのオメガ3脂肪酸です。

 

オメガ3脂肪酸にはDHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)、ANA(α-リノレン酸)などがあります。

 

DHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)は青魚に、ANA(α-リノレン酸)はえごまや大豆油、オリーブオイルなどにを多く含まれている油です。

 

特にDHAやEPAは注目されている成分で実際様々な研究試験でもコレステロール抑制作用が報告されていたりします。

 

EPAは中性脂肪を下げる効果が期待されていますが、中性脂肪はLDLコレステロールを増加させる原因になりますので中性脂肪を下げる必要もあります。

DHA・EPAなどのオメガ3脂肪酸おすすめサプリ

きなり

 

きなり人気になっているサプリメントです。
口コミなどから広まっていって現在は160万袋以上を販売している実績があります。

 

一日目安で DHA EPA が500 mgでDPAも含め510mgと平均ぐらいの含有量です。

 

では何がおすすめかというと DPA 10mg というところやクリルオイルが使用されているところです。

 

一般的にほとんどのDHA EPAサプリメントは青魚から抽出されている物が多いですが、クリルオイルはオキアミから抽出される油です。
このクリルオイルも配合されているのですが、これはアスタキサンチンが多く含まれていて酸化を防いでくれて吸収率が高いということがあります。

 

なので単純に DHA EPA の含有量だけでなくこういった成分の面でもおすすめしたいということです。

 

他にもサラサラ成分と言われている納豆キナーゼなども配合されています。

 


美健知箋EPA&DHA

 

美健知箋EPA&DHAはユンケルなどを販売している佐藤製薬グループは販売するサプリメントです。

 

特徴は1包に750mg(一日目安)のEPADHAが配合されているところです。
この含有量は他と比べても多いです。

 

そしてただ含有量が多いだけでなくて酸化しやすいEPADHAの酸化を防ぐ品質にも注目です。

 

1包ごとに分けられているので酸化も防げますし、粒自体も小さく飲みやすいというのもあるんですか、酸化を防ぐために一粒にビタミンEが配合されています。
これが特許でになっています。

 

含有量が多く品質も保たれているということになれば当然注目の商品です。

 


レシチン

 

レシチンは大豆や卵黄などに多く含まれている成分で大豆レシチンと卵黄レシチンがあります。

 

レシチンは血管の壁についたコレステロールを落として再び血液流れこませることができます。
またリポたんぱくの働きを高めてLDLコレステロールの排出を促してくれます。

 

卵黄にはコレステロールも多く含まれているので大豆の大豆レシチンを取る方が良いと思います。

レシチンおすすめサプリ・ドリンク

ハイ!調製豆乳

 

ハイ!調製豆乳はコレステロールが下がると認められた特定保健用食品(トクホ)の大豆・豆乳ドリンクです。

 

実際2016年9月現在で3000万本以上売れている人気のドリンクです。

 

トクホとしてコレステロールを下げると認められているというのもありますし独自の国際特許製法で美味しいというのもこの商品のポイントです。

 

特許製法はこれまでの大豆特有の青臭さやざらつきを残さず美味しく飲めるという製法です。
こういった匂いや食感が嫌だったという方は一度試してみても良いかと思います。

 

ノチラック

 

ノチラックは効能効果のもしっかりしている大豆レシチンを使った第3類の医薬品です。
医薬品として効果もしっかりしているのですが、この製品の完成から40年も経っているというずっと売れている商品です。

 

血清高コレステロール改善薬でコレステロールが気になる方はもちろんですが、肝臓、肝機能のことを考えている方にもおすすめです。

 

ただ少し価格がするのでは考えるところです。

 

野菜

 

野菜と一言で言っても様々なものがありますがその中にはコレステロールを下げる効果が期待できるものもいくつかあります。

 

上で紹介した成分も色々な野菜にも含まれていたりしますし、他では青汁によく使用される明日葉などの野菜に含まれるクロロフィルやブロッコリーなどに含まれるSMCS、トマトに多く含まれるリコピンなども良いと言われています。

 

ですから緑黄色野菜などなるべく意識して多くとるということも大事ですし、こういった成分を抽出したサプリメントや、無駄なものが入っていない本当に良い野菜ジュースなどを飲むことも一つだと思います。

野菜おすすめサプリ・ドリンク

緑でサラナ

 

緑でサラナはサンスターが販売する特定保健用食品(トクホ)のドリンクです。
人気になっていてこれまで1億本以上という販売実績があります。

 

この商品の特徴は野菜由来の天然アミノ酸(SMCS)というもので、これがコレステロールを低下させる働きがあるということなんです。

 

具体的には8種類の青野菜と2種類の果物が使用されていて野菜ジュースといった感じでしょうか。

 

後は価格がそこそこするのでその辺り考えるところです。

 

大正製薬 大麦若葉青汁 キトサン

 

大麦若葉青汁 キトサンは大正製薬が販売する特定保健用食品(トクホ)です。

 

この商品の効果としてはコレステロールの吸収を抑えるというところです。
その結果コレステロール値を低下させるということになるわけです。

 

実際の試験結果でも悪玉コレステロール値が低下したという結果が出ています。

 

大麦若葉で物を焼くの有機大麦若葉使用しています。
大正製薬の商品ということで安心して購入できるというのも一つあります。

 

 

まとめ

他にもLDL(悪玉)コレステロールを下げると言われている成分や食べ物はいろいろありますが上で紹介したものを押さえておけば良いのではないでしょうか。
上で紹介した成分をただ普通に食べ物から摂取するのも効率があまり良くないかと思いますのでサプリメントなどをうまく摂取してサポートしてあげるのも一つかと思います。

 

サプリメントですから効果を保証するものではなくてあくまでサポートとして飲むことです。
基本は日頃の生活習慣と食事、運動などに気を付けることが大事ということは忘れないでください。

肝臓サプリランキング