オルニチンと肝臓の関係

飲酒のサポートや二日酔い予防の効果が期待できることで有名なオルニチンですが、具体的にどのような働きがあるのか知らない人も多いでしょう。
ここではオルニチンの働きや期待できる効果、豊富に含まれる食べ物について詳しくご紹介しますので参考にして下さい

 

オルニチンとは

オルニチンは、私たちの身体の中にも存在している非必須アミノ酸の一種です。
非必須アミノ酸とは、体内でも合成できるアミノ酸です。
合成できない必須アミノ酸や合成できる非必須アミノ酸など、いろいろな種類があります。
これらは臓器や筋肉、臓器や骨、血管などの元になるたんぱく質を作る成分としての働きがあります。
しかしオルニチンは、たんぱく質として合成されずアミノ酸のままで存在しています。
このようなアミノ酸のことを遊離アミノ酸と言います。
肝臓や筋肉などにはとどまらず、血液に溶け込んで全身を巡りさまざまな働きをしています。
遊離アミノ酸にはアミノ酸の在庫のような役割もあります。
体内の組織でのアミノ酸が不足した場合には、たんぱく質を構成する一員となることもあります。
日本ではシジミの健康効果の方が先に知られ、それからシジミの健康成分であるオルニチンに注目が集まるようになりました。
血液中に溶け込み体内を循環するオルニチンは、肝臓内で有害なアンモニアの解毒を行っています。
解毒以外にもエネルギーの代謝などさまざまな重要な働きがある肝臓をオルニチンがサポートしています。

 

オルニチンと肝臓の関係

オルニチンと肝臓には深い関わりがあります。
肝臓では、オルニチンサイクルと呼ばれる代謝回路があります。
これはアミノ酸の代謝や激しい運動、食べ物の分解・消化の後に発生する有害物質のアンモニアを解毒して、無害化するための代謝回路です。
オルニチンサイクルの流れはこのようなものです。
たんぱく質の分解で生じた有害物質のアンモニアはオルニチンと反応し、アンモニアはアルギニンに変化します。
アルギニンは炭酸ガスと結合して尿素とオルニチンを作ります。
オルニチンは再びオルニチンサイクルに戻り、再びアンモニアを解毒していきます。
アンモニアは、食べ物を食べたり運動をしたりと、エネルギーを生み出す際に発生する老廃物です。
アンモニアが体内に過剰に発生すれば、全身がだるくなり疲労を感じるようになります。
しかしこの有害なアンモニアも、オルニチンが関わっているオルニチンサイクルで無害化されます。
オルニチンが十分にあればオルニチンサイクルもスムーズに行われ、肝機能も高まります。
オルニチンには直接、アルコール分解に関わりがあるわけではないのですが、肝機能を高めることでアルコールの分解も進み、二日酔い予防が期待出来るのです。

 

その他の期待する効果・効能

オルニチンには成長ホルモンの分泌を促す働きもあります。
成長ホルモンには、筋肉や骨を作る働きや、細胞の生まれ変わりであるターンオーバーを活性化させる働きがあります。
年齢を重ねるごとに肌の新陣代謝も衰え、さまざまな肌トラブルが増えていきます。
オルニチンの成長ホルモン分泌を促す働きで、美肌効果も期待できます。
また、成長ホルモンの分泌で筋肉が増えれば基礎代謝もアップするのでダイエット効果も期待できます。
他に骨粗しょう症予防も期待できます。
オルニチンを摂取することで、ストレスが軽くなり不眠の改善や気分の鎮静化への効果も期待できると言われています。
普段から意識して摂っている人は、ストレス状態が低いことも分かっています。

 

副作用は?

もともと身体の中にも存在しているため、少しくらい多く摂取したからと言って副作用が起こることはまずありません。
食品に含まれているオルニチンは微量ですし食べる量にも限界がありますから、副作用の心配もないと思って良いでしょう。
しかし、オルニチンだけが凝縮されたサプリメントは、過剰摂取による副作用の恐れがあります。
サプリメントの過剰摂取により、下痢や胃痛などが起こったという報告があります。
オルニチンの1日の摂取目安は400mgから1グラムと言われています。
体内に蓄積できない成分ですから、毎日適量を食べ物やサプリメントから補給することが大切です。

 

オルニチンが多く含まれる食べ物

オルニチンが多く含まれている食べ物と言えばシジミです。
シジミは100グラム中、10mgから16mgのオルニチンが含まれています。
30個から35個くらいがシジミ100グラムに相当します。
ヒラメやキハダマグロなどの魚介類にも多く含まれています。
意外ですが、きのこやチーズにも豊富です。
特にしめじやエリンギ、マイタケなどのきのこ類にはオルニチンが豊富に含まれています。
本しめじ100グラム中にはシジミの10倍以上の160mgものオルニチンが入っています。

 

オルニチンは私たちの体内にも存在する遊離アミノ酸の一種で、肝臓内でアンモニアの解毒作用を行っています。
シジミで有名なオルニチンですが、きのこ類にも多く含まれているのでおすすめです。

肝機能向けサプリランキング