肝機能改善とセサミンの関係

現在において健康を考える上で役目を終えた酸素が体に残ることで悪影響となる活性酸素が注目されていますが、この活性酸素を除去するために重要となる器官が肝臓です。
この肝臓の役割は体の組織において重要なたんぱく質を作り出す役割と、その体から発生した有害な物質を無害化させる解毒作用があるのですがこの解毒作用が活性酸素を無毒化させるのです。
しかし肝臓は沈黙の臓器と言われるほど、この臓器が消耗していても急速に症状として現れることがなくある程度進行した時に初めて体に異常として現れます。そこで近年では肝機能改善が健康に取って重要であるという認識が広がることでその方法が確立されていますが、その中でも特に効果のある栄養素として注目されているのがセサミンです。
これはゴマなどの食用の種に含まれている成分で、この栄養素には高い抗酸化作用があります。
この肝機能改善とセサミンの関係はこの抗酸化作用であり、まず先に言ったとおりに体の解毒作用を行う肝臓は有毒物質の解毒の際にも活性酸素を発生させたものを無害化と体に発生した物も無害化させることで大きな負担となります。
そこでセサミンの抗酸化作用を利用することで肝臓以外の部分で発生した活性酸素を除去することによって、この肝臓が分解する量を軽減することにって肝機能改善が見込まれます。

肝機能向けサプリランキング