セサミンと肝臓の関係

 

肝臓の働きを高めたり美容やアンチエイジングにも期待できることで知られるセサミンですが、その働きを詳しく知っている人は少ないかも知れません。
セサミンはどのように肝臓に働きかけるのか、また肝臓サポート以外に期待できる効果についてもご紹介します。

 

セサミンとは

肝臓のサポートや健康サポート、アンチエイジングまでさまざまな効果が期待されるセサミンは、ゴマに含まれている成分として有名ですね。

 

ゴマの種子に含まれているゴマリグナンの一種がセサミンです。
ゴマの全成分の1%ほどを占める脂溶性の抗酸化物質がゴマリグナンで、その中の50%から60%がセサミンです。
セサミンを含むゴマリグナンは、ゴマに含まれている抗酸化物質の総量で、セサミン以外にもセサミノールやセサモリンなどの成分もあります。
中でも特に抗酸化作用に優れているのはセサミノールで、そのままゴマを食べるよりもゴマ油の方が効果的だと言われています。
栄養価と吸収率が高まるからです。
セサミンにも優れた抗酸化作用があるので、老化や病気の原因となる活性酸素を除いてくれます。

 

細胞の老化やガンは、脂質の酸化によって発生する過酸化脂質が原因の一つと言われていますから、セサミンの優れた抗酸化作用はガン予防も期待できます。
またセサミンは胃腸では分解されないで、門脈と呼ばれる消化器や膵臓から流れてきた血液を集めて肝臓に運ぶ、静脈から吸収されるという特徴があります。
そのため肝臓に直に作用することができ、肝臓の健康を強力に補助してくれるのです。

 

セサミンと肝臓の関係

肝臓に直接働きかけることが出来るセサミンですから、肝臓とは深い関わりがあります。
セサミンにはアルコールの分解を促進する働きがあるので、悪酔いするのを防いだり二日酔い対策にも役立ちます
また、アルコールの代謝に関わっている酵素の働きを活性化する働きもあるので、肝臓の負担を軽くするのに役立ちます。

 

悪酔いや二日酔いを予防すると同時に、肝臓のアルコール解毒作用をサポートして肝臓への負担を軽減してくれるのがセサミンなのです。
さらに肝臓での脂肪代謝に関わる酵素を活性化する働きもあるので、コレステロール値の低下や血圧低下の効果も期待できます。

 

お酒をたくさん飲む人や晩酌が欠かせないという人、さらにカロリー高めの食事が好きな人は肝臓に大きな負担がかかっています。
セサミンには、アルコール分解を促したり酵素を活性化して、肝機能をサポートしてくれる働きがあります。

 

その他の期待する効果・効能

肝機能を高める効果で有名なセサミンですが、他にもさまざまな効果・効能が期待出来ます。

 

セサミンやセサミノールなどのゴマリグナン類は、植物性エストロゲンとも呼ばれています。
植物性エストロゲンとは、女性ホルモンであるエストロゲンに似た働きを持つ植物性の成分のことです。

 

女性ホルモンの一種であるエストロゲンは、女性らしい体を作ったり妊娠や出産に関わるとても大切なホルモンです。
しかし40代くらいから年齢とともに分泌される量が減少していき、更年期障害の原因となります。
自律神経のバランスを整えたり、血行を促進したりと女性の健康と美容に関わる重要な働きがあるのがエストロゲンです。
それが減少することで、更年期障害と言われるさまざまな不調が現れてくるのですが、セサミンがそれを和らげてくれます。
セサミンには更年期障害や月経不順、冷えやむくみ、頭痛や倦怠感などの女性特有の悩みの改善にも期待できます

 

セサミンの優れた抗酸化作用は、美肌効果も期待できます
シミやたるみ、しわなどの肌トラブルは、活性酸素による肌細胞の酸化が原因となっています。
セサミンの抗酸化パワーで、年齢とともに深刻になっていく肌トラブルも食い止めてくれます。
同じく抗酸化作用の高いビタミンCやビタミンEと一緒にセサミンを摂ることで、さらにパワーがアップすると言われています。
さらにセサミンの高い抗酸化作用は、育毛や白髪予防、ニキビ予防も期待できると言われています

 

副作用は?

ゴマに含まれているセサミンは、たくさん食べたからと言って副作用などの心配も特にありません
セサミンの健康や美容、アンチエイジングの効果を求めるなら、1日に10mgは摂るのがおすすめです。
1日の摂取目安は10mgmとされていますが、これをゴマで換算すれば3000粒ということになります。
いくらゴマが好きな人でも、これだけの量を毎日食べるのはまず無理でしょう。
セサミンが豊富なゴマ油でもそれほどたくさん摂取できませんから、過剰摂取の心配もまずありません。
ゴマ1粒にわずか1%しか含まれていないセサミンですから、やはりサプリメントが手軽です。
1日の摂取量を守って飲むことと、毎日続けて飲むことが大切です。

 

セサミンが多く含まれる食べ物

ゴマはセサミンが多い食べ物ですが、他にもセサミンを豊富に含む食べ物があるのでしょうか。
実は、ゴマ以外にセサミンを多く含む食べ物はほとんどありません。
ゴマには黒ゴマや白ごま、金ゴマなどの種類がありますが、この中で最も抗酸化作用が高いのは黒ゴマです。
セサミンを摂るのを目的にゴマを食べるなら黒ゴマがオススメです。
また、粒のままで食べるよりも、すり鉢ですって胡麻和えにしたりと料理に使ったり、牛乳などに混ぜて摂取するのがオススメです。
その方がセサミンの吸収率も上がるからです。
またゴマ油の方がセサミン含有量は豊富ですから、炒め物などにはごま油を使うのもオススメです。

 

米粒よりも小さなゴマに含まれるセサミンには優れた抗酸化作用があります。
お酒好きの人から肌トラブルが気になる女性まで、さまざまな人にセサミンが役立ちます。

肝機能向けサプリランキング