肝臓に関係する数値・基準値まとめ

肝臓は、症状が現れてからでは手遅れのことが多いので健康診断で定期的に検査をすることが大切です。
血液検査では肝臓に関係するさまざまな数値があるので、その意味や基準値を知っておきましょう。

 

ALT(GPT)の数値と意味は

ALT(GPT)は、肝機能の指標の一つで、血液検査の項目には必ずある数値です。
血液検査の項目の中でも最もシンプルで分かりやすい指標となるのが、ALT(GPT)です。

 

肝細胞が何かしらの疾患によってダメージを受けて破壊されていると、血液中にALT(GPT)が放出されてしまいます。
そうなれば、血液中のALT(GPT)濃度が高くなります。

 

ALT(GPT)は細胞内で生成されている酵素で、肝細胞内に主に存在しています。
体内でのエネルギー代謝やアミノ酸代謝などをサポートしている重要な役割のある酵素が、ALT(GPT)です。
何かしらの異常により肝細胞が破壊されれば血液中にALT(GPT)が漏れ出してしまうので、血液検査を行うとALT(GPT)の数値が高くなるのです。
数値が高いほどに、肝臓へのダメージも大きいということになります。

 

ALT(GPT)の基準値は31 IU/L以下とされています。
31 IU/L以上の場合には、肝細胞に何かしらの障害があるということです。

 

詳細ページ
ALT(GPT)について

 

AST(GOT)は

血液検査の項目にあるAST(GOT)も、肝機能の指標の一つになります。

 

ALT(GPT)と同様に細胞内で作られる酵素で、体内でエネルギー代謝やアミノ酸代謝をサポートしています。
ブドウ糖やアミノ酸などの栄養素を、体内で使いたい形に作り替えているのがALT(GPT)やAST(GOT)です。

 

ALT(GPT)は主に肝細胞のみにある酵素ですが、AST(GOT)は心臓や肝臓など、いろいろな場所にも存在しています。
AST(GOT)も何かしらの異常で肝細胞が破壊された時に血液中に放出されてしまいます
ただAST(GOT)は、肝臓だけでなくその他の臓器にも存在しているので、数値が高ければすぐに肝臓が関係しているというわけではありません。

 

ALT(GPT)は基準値以下で、AST(GOT)だけが高い場合は、肝臓以外の臓器に異常がある可能性が高くなります。
肝臓の疾患をチェックするためには、ALT(GPT)とAST(GOT)を一緒に調べる必要があります。

 

AST(GOT)の基準値も31 IU/L以下で、31 IU/L以上であれば肝細胞やそのほかの臓器の障害が疑われます。

 

詳細ページ
AST(GOT)について

 

γ-GTP(ガンマgtp)の数値について

γ-GTPも肝臓に関係する数値です。

 

γ-GTPは、肝臓や腎臓で生成されている酵素で、たんぱく質を分解して合成する働きがあります。
肝臓内では肝細胞や胆管細胞、また胆汁内にも存在しています。

 

アルコールの摂り過ぎや太り過ぎ、特定の薬などの影響でγ-GTPがたくさん生成されるようになります
大量に作られたγ-GTPは、血液中に漏れ出すようになるので数値も高くなります。

 

ほかに、胆汁うっ滞や胆管細胞が破壊された時にも、胆汁や細胞内に存在するγ-GTPが血液中に漏れ出すこともあります
γ-GTPの基準値は51 IU/L以下で、それより高い場合には肝機能の異常が疑われます。

 

肝臓の健康状態に関係する3つの数値をご紹介しました。
健康診断の血液検査で3つの数値のいずれかが高ければ、要注意です。

 

肝臓サプリランキング

肝臓に関係する数値・基準値まとめ記事一覧

沈黙の臓器と言われる肝臓は不快な症状が現れてからでは遅いので、定期的な健康診断を行って異変を早期発見が大切になります。肝臓数値の一つであるALT(GPT)は、血液検査の項目では要チェックの数値です。ALT(GPT)とはALTとはアラニンアミノトランスフェラーゼの略で、細胞内で生成されている酵素です。以前はグルタミン酸ピルビン酸トランスアミナーゼの略であるGPTと呼ばれることもありましたが、今は国際...

肝機能の検査で重要なのが、AST(GOT)です。ALT(GPT)と並び肝機能の検査でよく出てくるのがAST(GOT)なので、その意味を詳しく知っておきましょう。AST(GOT)と肝臓の関係や、数値が意味することについて説明致しますので参考にしてください。AST(GOT)とはASTはアスパラギン酸アミノトランスフェラーゼの略称になり、またGOTはグルタミン酸オキサロ酢酸トランスアミナーゼを指します。...

血液検査の項目の一つ、γ-GTP(ガンマgtp)は、肝臓の健康状態を把握する上でとても大切な数値となります。アルコールの飲みすぎや肥満などで肝臓の働きは低下して、さまざまな怖い病気を引き起こす可能性もあります。γ-GTPは、自覚症状が現れにくい肝臓の異常を早い段階で見つけるための重要な項目となります。γ-GTP(ガンマgtp)とは自覚症状がないまま進行する肝臓の疾患を未然に防ぐためにも、定期的に健...

健康診断や人間ドッグの血液検査では、ビリルビンという項目もあります。聞きなれないビリルビンとはどのようなものなのか、ここで詳しくご紹介します。肝臓にも深い関わりがあるもので、お酒を良く飲む人や生活習慣が気になる人は覚えておいて下さいね。ビリルビンとは血液中の赤血球が寿命を終えた老廃物です。古くなった赤血球が破壊されるときに黄色い色素が生成されるのですが、これがビリルビンです。赤血球には寿命がありま...

血液検査の項目、ALP(アルカリホスファターゼ)について詳しくご紹介します。ALPは、肝臓の機能や胆汁の流れに問題がないかどうかをチェックするための項目です。ALPとはどのようなものなのか、また肝臓との関係や異常値だった場合に疑われる病気について説明します。ALP(アルカリホスファターゼ)とは肝臓をはじめ、腎臓やさまざまな細胞で作られている酵素です。アルカリ性の状況下でリン酸化合物を分解する働きが...

血液検査の項目の一つである総蛋白(TP)では、肝機能の状態を調べることができます。血液中にあるたんぱく質の量を計る検査項目となるのが総蛋白(TP)です。総蛋白(TP)は肝臓とどのような関係があるのか、また異常値でどんな病気の心配をしたら良いのか、説明致します。総蛋白(TP)とは血液中にあるたんぱく質の量を測定するのが総蛋白(TP)です。血液中のたんぱく質は、アルブミンとグロブリンに分けることができ...

アルブミンは、血液中に含まれているたんぱく質の一種です。肝臓とも深い関わりがある成分で、血液検査でもこのアルブミンの項目はとても大切です。肝臓とどのような関係があるのか、また異常値だった場合に疑われる病気についてご紹介しましょう。アルブミンとは体内の化学工場とも呼ばれている肝臓では、体内で必要なたんぱく質も合成されています。食べ物に含まれているたんぱく質は、消化吸収されてアミノ酸の形で肝臓にやって...

健康診断の血液検査で目にするLD(LDH)は、肝臓や心臓などの健康状態を知る上でとても大切です。LD(LDH)は、急性肝炎や心筋梗塞などの時に急激に高くなります。どのようなものなのか詳しくみてみましょう。LD(LDH)とは食べ物から取り入れた糖分は体内でエネルギーへと代謝されますが、その時に重要な働きを担っているのがLD(LDH)です。乳酸脱水素酵素と言われるもので、血液検査ではLD(LDH)の項...

肝機能を調べる上で重要になるのが、コリンエステラーゼ(ChE)です。肝機能の低下や脂肪肝などの疑いがあるかどうかを、この数値によって調べることができます。コリンエステラーゼ(ChE)とはどのようなものなのか詳しくご紹介しましょう。コリンエステラーゼ(ChE)とはコリンエステラーゼ(ChE)は、体内のさまざまな場所で働いている酵素の一種です。コリンエステルという物質をコリンと酢酸に分解してたんぱくを...