アルブミンについて

アルブミンは、血液中に含まれているたんぱく質の一種です。
肝臓とも深い関わりがある成分で、血液検査でもこのアルブミンの項目はとても大切です。
肝臓とどのような関係があるのか、また異常値だった場合に疑われる病気についてご紹介しましょう。

 

アルブミンとは

体内の化学工場とも呼ばれている肝臓では、体内で必要なたんぱく質も合成されています。
食べ物に含まれているたんぱく質は、消化吸収されてアミノ酸の形で肝臓にやってきます。

 

たんぱく質は身体の組織を構成する大切な成分ですが、他にも免疫や酵素などの重要な働きも担っています。
ですから常に体内では分解されたり合成されたりしています。

 

血液中のたんぱく質は、アルブミンとグロブリンの2つに分けられています。
それぞれ合成される場所が違います。
アルブミンとグロブリンの比率や濃度を血液検査で調べることで、各臓器や組織に異常があるかどうかを調べることができます。

 

アルブミンと肝臓の関係

肝臓に送られてきたアミノ酸は、アルブミンに合成されます。
血液中に含まれているたんぱく質の約67%を占めているのが、アルブミンです。
アルブミンは肝細胞だけで合成されており、さまざまな物質を運んだり体液濃度の調整を行っています。

 

一方グロブリンは、リンパ節や脾臓などのリンパ球によって作られています。
ダメージにより肝機能が低下すれば、アルブミンを合成する能力も低下するので、血液中のアルブミン濃度も下がります。

 

アルブミンの異常値で疑われる病気

アルブミンは増加することはなく、減少した場合に肝障害などが疑われます。
アルブミンの基準値は3.8〜5.3 g/dLです。
3.7 g/dL以下であれば、アルブミンを合成している肝臓の機能障害が疑われます。
または、腎機能障害や低栄養の状態が疑われます。

 

血液中のたんぱく質の67%を占めるアルブミンが減少すると、疲れやすくなったりだるくなったり、むくみやすくなったりします。
極度のダイエットでもアルブミンが減少し、同じような症状が見られます。
ダイエットなどでアルブミンが低くなっている場合には鉄分も不足していますから貧血も併発していることが多いです。

 

肝機能が低下してアルブミンも低下している場合には、総コレステロール値や総蛋白の数値も低くなります。
アルブミンの異常値で疑われる病気をまとめると、栄養障害や急性肝炎、肝硬変、急性感染症や急性腎炎などが疑われます。

 

アルブミンの数値に異常があった場合には、グロブリンや総蛋白、総コレステロールなどの数値も併せて判断されます。
肝機能の状態を調べる上で大切な数値ですから、覚えておいて下さいね。

肝臓サプリランキング

アルブミンについて関連ページ

ALT(GPT)について
ALT(GPT)について
AST(GOT)について
AST(GOT)について
γ-GTP(ガンマgtp)について
γ-GTP(ガンマgtp)について
総ビリルビン(T-Bil)について
総ビリルビン(T-Bil)について
ALP(アルカリホスファターゼ)について
ALP(アルカリホスファターゼ)について
総蛋白(TP)について
総蛋白(TP)について
LD(LDH)について
LD(LDH)について
コリンエステラーゼ(ChE)について
コリンエステラーゼ(ChE)について