ALP(アルカリホスファターゼ)について

血液検査の項目、ALP(アルカリホスファターゼ)について詳しくご紹介します。
ALPは、肝臓の機能や胆汁の流れに問題がないかどうかをチェックするための項目です。
ALPとはどのようなものなのか、また肝臓との関係や異常値だった場合に疑われる病気について説明します。

 

ALP(アルカリホスファターゼ)とは

肝臓をはじめ、腎臓やさまざまな細胞で作られている酵素です。
アルカリ性の状況下でリン酸化合物を分解する働きがある酵素で、肝臓や腎臓、骨や小腸、胎盤などに多く含まれています。
ALPが存在している臓器が、何かしらのダメージを受けると血液中に漏れ出すので、血液検査での数値が高くなります。

 

ALP(アルカリホスファターゼ)と肝臓の関係

ALPの数値が高くなるのは多くの場合、肝臓と骨に異常がある時です。
ALPは、肝臓から胆汁の中に流れ出ています。

 

胆汁は肝臓が作っている液体のことで、胆管を通り、十二指腸へと流れています。
しかし何かしらのダメージで肝機能が低くなり、肝臓内の胆汁の流れが悪くなる胆汁うっ滞が起こると、胆汁中にあるALPが血液中に流れ出します。

 

胆管に胆石が詰まった場合にもうっ滞が起こり、血液中に流れ出します。
胆汁うっ滞が起こり胆汁が流れにくくなると、逆流して血液中に漏れ出すようになるのです。
このような胆道の閉塞と呼ばれるような状態が起こるとALPの数値が高くなります。

 

ALP(アルカリホスファターゼ)の異常値で疑われる病気

ALPの基準値は100〜325 IU/Lとされています。
これより高い場合には、肝障害や胆道疾患が疑われます。

 

具体的には、急性肝炎や慢性肝炎、肝硬変や胆管がん、胆管結石や薬物性胆汁うっ滞、すい臓がんなどです。

 

またALPは骨でも作られているので成長期の子供や、骨の病気によっても数値が高くなります。
骨折や骨軟化症などでもALPが異常値となります。
ALPが基準値よりも高かったからといって、すぐに深刻な病気であるということではありません。

 

検査をした日の体調によっても検査結果に差が出ることもあり、人により正常範囲も異なるからです。
異常値だからと言ってすぐに何かしらの病気であるとはいえませんが、その可能性はあります。

 

他の肝機能検査のALTASTγ-GTPなどの数値も参考にされます。
また血液検査以外の検査も受けてから総合的に判断して診断されます。

 

ALPは肝臓の状態を調べる上で重要な数値となります。
ALPが基準値よりもかなり高くなれば黄疸が現れることもあるので注意してください。

 

肝機能向けサプリランキング

ALP(アルカリホスファターゼ)について関連ページ

ALT(GPT)について
ALT(GPT)について
AST(GOT)について
AST(GOT)について
γ-GTP(ガンマgtp)について
γ-GTP(ガンマgtp)について
総ビリルビン(T-Bil)について
総ビリルビン(T-Bil)について
総蛋白(TP)について
総蛋白(TP)について
アルブミンについて
アルブミンについて
LD(LDH)について
LD(LDH)について
コリンエステラーゼ(ChE)について
コリンエステラーゼ(ChE)について