AST(GOT)について

肝機能の検査で重要なのが、AST(GOT)です。
ALT(GPT)と並び肝機能の検査でよく出てくるのがAST(GOT)なので、その意味を詳しく知っておきましょう。
AST(GOT)と肝臓の関係や、数値が意味することについて説明致しますので参考にしてください。

 

AST(GOT)とは

ASTはアスパラギン酸アミノトランスフェラーゼの略称になり、またGOTはグルタミン酸オキサロ酢酸トランスアミナーゼを指します。

 

以前はGOTと呼ばれていたのですが、今は世界的にASTで統一されています。
血液検査などではASTかGOTのどちらか、またはAST(GOT)などと両方が記載されていることもあります。

 

AST(GOT)は、細胞内で生成されている酵素のことです。
血液検査をしてこのAST(GOT)の数値が高ければ、肝臓の働きが低下していることを意味します。

 

沈黙の臓器と言われる肝臓ですが、自覚症状が現れる前に血液検査によって肝障害の有無を早期に知ることができます。

 

肝臓は、エネルギー代謝や解毒作用、胆汁を作って消化を助けるなどの重要な働きがある臓器です。
アルコール分解で有名な肝臓ですが、ブドウ糖やアミノ酸などの分解や代謝も行っています。
それらの働きをサポートしている酵素がAST(GOT)です。
AST(GOT)が高いと肝機能が低下しているということです。

 

アルコールの分解やエネルギー代謝、消化活動がスムーズに行われなくなるので疲れやすくなったり、さまざまな病気を引き起こす可能性もあります。
血液検査でAST(GOT)が基準値の30 IU/Lより高ければ注意が必要です。

 

AST(GOT)と肝臓の関係

AST(GOT)は、体内でのアミノ酸代謝やエネルギー代謝において大切な働きを担っている酵素で、主に肝臓に多く含まれている酵素です。
同じ働きをする酵素にALT(GPT)がありますが、こちらはそのほとんどが肝臓に存在しています。

 

それに対してAST(GOT)は、肝臓以外の臓器にも多く存在しています。
心臓や腎臓などの臓器や骨格筋や赤血球などにもAST(GOT)は多く存在していて、そこでもアミノ酸やエネルギーが代謝されるのをサポートしています。

 

AST(GOT)の数値が高くなるのは、肝細胞などのAST(GOT)が存在している臓器が何かしらの原因で破壊されてしまうからです。
組織が破壊されればAST(GOT)が血液中に流れ出すので、数値が高くなるのです。
そのほとんどが肝臓に存在するALT(GPT)の数値が高ければ、肝臓に何かしらの障害があることが分かります。

 

しかし肝臓以外の臓器にも多く存在しているAST(GOT)は、数値が高いからと言ってすぐに肝臓に異常があるかどうかは判断できません
ALT(GPT)の数値も同時に見てから状態を探っていくことになります。

 

AST(GOT)だけが高い原因は

ALT(GPT)の数値は正常範囲で、AST(GOT)の数値だけが高いということもあります。
肝臓に異常がある場合には、ALT(GPT)もAST(GOT)も両方の数値が高くなることがほとんどです。

 

しかしAST(GOT)だけが高いということは、肝臓には問題ないことが分かります
そのため、他の臓器に異常がある可能性が高くなります。
AST(GOT)だけが高い場合には、血液疾患や心筋梗塞、骨格筋疾患が疑われます

 

AST(GOT)の異常値で疑われる病気

AST(GOT)が基準値の30 IU/Lよりも高い異常値を示した場合には、さまざまな病気が疑われます。

 

AST(GOT)に異常がある場合、数値が100以下であればウイルス性慢性肝炎や肝硬変脂肪肝、自己免疫性肝炎、薬物性肝炎、閉塞性黄疸などの病気が疑われます

 

100から500IU/Lの場合には、急性アルコール肝炎や薬物性肝炎、脂肪肝、自己免疫性肝炎などが疑われます
または、肝炎ウイルス以外のウイルス感染による急性肝炎や閉塞性黄疸、心筋梗塞や筋肉疾患、溶血性疾患なども疑われるでしょう

 

AST(GOT)の数値が500IU/L以上だと、ウイルス性慢性肝炎や急性アルコール肝炎、薬物性肝炎などの可能性があります
他に肝炎ウイルス以外のウイルス感染による急性肝炎や、総胆管結石、心筋梗塞なども疑われます
500IU/L以上の数値は、かなり高度な増加です。
慢性肝炎や肝硬変の状態が悪化している場合には、数値が数百から突然数千以上にまで上昇することもあります。

 

 

AST(GOT)を下げるためには

AST(GOT)だけでなくALT(GPT)の数値も同時に高い場合には、肝臓に障害がある可能性が高いです。

 

肝機能の負担が高くなっているということですから、お酒をたくさん飲んでいる人は量と飲む回数を減らすことが大切です。
毎日晩酌をする習慣がある人は飲む量を減らせば良いと考えがちですが、これではあまり効果はありません。
少量であっても、摂取したアルコールを分解するために肝臓は働かなければいけません。
肝臓を十分に休まるためには、休肝日を週に2日くらいは作ることが大切です。

 

お酒を飲まない人でもAST(GOT)の数値は高くなります。
非アルコール性脂肪肝とも言われています。
コレステロールや中性脂肪が蓄積されれば肝臓が太り、その働きが低下していきます。
肝臓全体に占める脂肪の割合が30%以上になれば脂肪肝です。

 

健康な状態の肝臓では脂肪の割合は3%から4%ほどですから、いかに多くの脂肪が蓄積されているかが分かるでしょう。
脂肪やカロリーの高い食事は控え、適度な運動を心がけることもAST(GOT)を下げるためには必要です。

 

AST(GOT)は、ALT(GPT)と並んで肝臓の異常をチェックするのに大切な数値です。
飲酒の習慣や肥満傾向にある人はAST(GOT)が高くなる前に、生活習慣を見直してみましょう。

 

関連ページ
ALT(GPT)について

肝機能向けサプリランキング

AST(GOT)について関連ページ

ALT(GPT)について
ALT(GPT)について
γ-GTP(ガンマgtp)について
γ-GTP(ガンマgtp)について
総ビリルビン(T-Bil)について
総ビリルビン(T-Bil)について
ALP(アルカリホスファターゼ)について
ALP(アルカリホスファターゼ)について
総蛋白(TP)について
総蛋白(TP)について
アルブミンについて
アルブミンについて
LD(LDH)について
LD(LDH)について
コリンエステラーゼ(ChE)について
コリンエステラーゼ(ChE)について