γ-GTP(ガンマgtp)について

 

血液検査の項目の一つ、γ-GTP(ガンマgtp)は、肝臓の健康状態を把握する上でとても大切な数値となります。
アルコールの飲みすぎや肥満などで肝臓の働きは低下して、さまざまな怖い病気を引き起こす可能性もあります。
γ-GTPは、自覚症状が現れにくい肝臓の異常を早い段階で見つけるための重要な項目となります。

 

γ-GTP(ガンマgtp)とは

自覚症状がないまま進行する肝臓の疾患を未然に防ぐためにも、定期的に健康診断を受けることが大切です。
健康診断では必ず血液検査が行われますが、γ-GTPは肝臓の状態を知る手がかりとなる項目になります。
γ-GTPは、ガンマ・ジー・ティーと呼びます。
グルタミルトランスフェラーゼを略したものです。

 

体内にはさまざまな種類の酵素がありますが、γ-GTPも酵素の一つです。
血液検査でγ-GTPの数値が高いとアルコールの飲みすぎが疑われます
確かにアルコールが好きな人はγ-GTPが高くなる傾向にありますが、アルコールを飲まない人でもγ-GTPの数値は高くなります

 

γ-GTPが高いとどうしてアルコールの飲みすぎが疑われるのかと言えば、γ-GTPは肝臓に存在する酵素だからです。

 

γ-GTPは他にも腎臓や膵臓などにも存在します。
最も多く存在するのは腎臓で、肝臓では肝細胞や胆管細胞、他に胆汁の中にも存在しています。

 

γ-GTPには、たんぱく質を分解、合成する働きがあります。
他に有害物質の解毒作用や活性酸素を除去したり、傷ついた細胞の修復などをサポートする働きもあります。

 

γ-GTP(ガンマgtp)と肝臓の関係

γ-GTPは、肝臓や腎臓、膵臓などで大切な働きをしています。
しかし、アルコールの飲みすぎや肥満、特定の薬剤の影響でγ-GTPは通常よりも大量に生成されるようになると問題が発生します。
大量に作られると血液中にγ-GTPが流れ出してしまうようになるのです。
そのため血液検査を行うとγ-GTPの数値が高くなるのです。

 

他に、結石やガンなどによって胆管が詰まった時にもγ-GTPは血液中に流れ出すので数値も高くなります。
血液中のγ-GTPの濃度を検査することで、肝臓や胆管に異常がないかどうかを調べることが出来るのです。

 

肝臓や胆管などには他にもさまざまな酵素が存在していますが、肝臓や胆管に何かしらの異常があった時に他の酵素よりもいち早く反応するのがγ-GTPなのです。
ですから、肝臓障害の有無をチェックするための鋭敏なマーカーであるとされています。

 

γ-GTP(ガンマgtp)だけが高い原因は

肝機能障害があるかどうかを調べるためには、γ-GTPの他にもALT(GPT)AST(GOT)などの数値も参考になります。
どれも肝臓に存在する酵素なので、もしも肝機能に障害があれば、これらの数値も高くなります。
しかし血液検査をしてみると、γ-GTPだけが高くなる人も多いです。

 

γ-GTPが血液中で増加する病気にはさまざまなものが考えられるのですが、γ-GTPだけが高くなる場合、その原因が分かりにくいことが多いです。
肝臓や胆道に原因があるなら、ALT(GPT)なども同時に高くなるはずです。
γ-GTPは肝臓と腎臓、そして膵臓にも存在するので、γ-GTPだけが高くなる場合には、ALT(GPT)やAST(GOT)が存在しない膵臓に問題がある可能性があります。
また、特定の薬剤に反応してγ-GTPだけが高くなることもあります。

 

糖尿病の薬やてんかんの薬、ステロイドでも数値が上がることがあります。
また先ほども説明したようにγ-GTPは鋭敏なマーカーですから、アルコールにも敏感です。
肝臓へのダメージが軽い段階でγ-GTPの数値が高くなることもあります。

 

γ-GTPだけが高い時にはアルコールが原因の肝障害である可能性も高いです。
その場合には、禁酒をしてから数日後に再検査が実施されます。
禁酒後にγ-GTPが下がっているようなら肝障害の心配はなくなります。

 

 

γ-GTP(ガンマgtp)の異常値で疑われる病気

γ-GTPが異常値だった場合、さまざまな病気が疑われます。
基準値よりも高い場合には、ALTやASTの数値とも合わせて検討することが大切です。
これらも全て高い数値だった場合には、アルコール性の肝障害以外に、肝臓病や閉塞性黄疸などが疑われます。

 

肝臓の病気もさまざまで軽いものから深刻なものまであります。
アルコール性肝炎や、アルコール性脂肪肝、慢性・急性肝炎、肝硬変、胆汁うっ滞、薬物性肝障害、胆石、膵炎、すい臓がんなどが疑われます。
これらの病気が見つかれば医師の指示に従って適切な治療を開始しましょう。

 

 

γ-GTP(ガンマgtp)を下げるためには

γ-GTPを下げるためには、毎日の生活習慣の見直しも必要です。
高い人は決まって医師からお酒を控えるようにと注意されます。
やはり飲酒が肝臓に最もダメージを与えるので、週に1日か2日は休肝日を設けて肝臓を休ませてあげましょう。

 

食生活の見直しも大切です。
カロリーの高い揚げ物やバランスの悪い食事は肝臓への負担が大きいです。
バランスの良い食事を心がけると同時に、肝臓に良いとされるしじみや牡蠣なども意識して食べると良いでしょう。

 

ストレスや睡眠不足解消にもなる運動もおすすめです。
脂肪肝や隠れ肥満解消には、ウォーキングなどの適度な運動も欠かせません。

 

毎日のようにお酒を飲んでいる人は、γ-GTPが高くなりやすいですから注意してくださいね。
高いということは、肝臓や腎臓、膵臓に負担がかかっているということですから適切な治療を始めましょう。

 

肝臓サプリランキング

γ-GTP(ガンマgtp)について関連ページ

ALT(GPT)について
ALT(GPT)について
AST(GOT)について
AST(GOT)について
総ビリルビン(T-Bil)について
総ビリルビン(T-Bil)について
ALP(アルカリホスファターゼ)について
ALP(アルカリホスファターゼ)について
総蛋白(TP)について
総蛋白(TP)について
アルブミンについて
アルブミンについて
LD(LDH)について
LD(LDH)について
コリンエステラーゼ(ChE)について
コリンエステラーゼ(ChE)について