LD(LDH)について

健康診断の血液検査で目にするLD(LDH)は、肝臓や心臓などの健康状態を知る上でとても大切です。
LD(LDH)は、急性肝炎や心筋梗塞などの時に急激に高くなります。
どのようなものなのか詳しくみてみましょう。

 

LD(LDH)とは

食べ物から取り入れた糖分は体内でエネルギーへと代謝されますが、その時に重要な働きを担っているのがLD(LDH)です。
乳酸脱水素酵素と言われるもので、血液検査ではLD(LDH)の項目となっています。

 

LD(LDH)は、糖がエネルギーへと変換される際に働いている酵素の一種で、あらゆる細胞の中に含まれています。
ほとんどの細胞に含まれていますが、肝臓や腎臓、心筋や骨格筋、また赤血球などにたくさんのLD(LDH)があります。

 

LD(LDH)と肝臓の関係

肝臓では肝細胞に多くのLD(LDH)が存在して、ここでも糖をエネルギーに変換しています。
しかし何らかのダメージが原因で、肝細胞が破壊されることがあります。
そうなれば、LD(LDH)は血液中に流れ出してしまいます。

 

血液検査でLD(LDH)が高いということは、肝細胞が破壊されている可能性があることを示しています
LD(LDH)は肝臓以外の臓器にも存在していますから、腎臓や心筋、骨格筋などに異常があった場合にも数値は高くなります
細胞が破壊されると細胞内のLD(LDH)が血液中に大量に流れ出すのです。
それを測定するのがLD(LDH)です。

 

LD(LDH)の異常値で疑われる病気

LD(LDH)の基準値は120〜240 IU/Lです。
240 IU/Lよりも高い数値を示している場合には、肝疾患や心疾患、腎疾患などが疑われます
LD(LDH)が基準値よりも高い場合には、急性・慢性肝炎や肝硬変、肝臓がんなども疑われます。
さらに、心筋梗塞や心不全なども考えられます。
腎不全やネフローゼ症候群や、骨格筋の疾患では進行性筋ジストロフィーや皮膚筋炎も疑われます。

 

LD(LDH)は赤血球にも多く含まれるので、溶血性貧血や白血病などの可能性もあります。
数値が高いほどにそれだけいずれかの臓器や組織が障害を受けているということです。
急性肝炎や心筋梗塞、進行したがんなどではLD(LDH)が急激に上昇することもあります。

 

LD(LDH)の数値が高いと、まず肝臓の障害が疑われます。
他にも心疾患や腎疾患などの可能性もありますから、定期的に血液検査で調べておくことが大切です。

 

肝機能向けサプリランキング

LD(LDH)について関連ページ

ALT(GPT)について
ALT(GPT)について
AST(GOT)について
AST(GOT)について
γ-GTP(ガンマgtp)について
γ-GTP(ガンマgtp)について
総ビリルビン(T-Bil)について
総ビリルビン(T-Bil)について
ALP(アルカリホスファターゼ)について
ALP(アルカリホスファターゼ)について
総蛋白(TP)について
総蛋白(TP)について
アルブミンについて
アルブミンについて
コリンエステラーゼ(ChE)について
コリンエステラーゼ(ChE)について