肝機能障害の症状・病気

 

肝機能障害と一口に言っても、さまざまなものがあります。
いずれにしても自覚症状が現れにくいことが、肝機能障害の厄介なところです。
肝機能障害の主な種類と症状についてご紹介しますので、早期発見に役立てて下さい。

 

脂肪肝の症状について

肝臓では、食べ物から摂取した脂肪を処理してさまざまな細胞に送り出していますが、肝臓内に蓄積される脂肪も少しあります。
緊急時に利用するために肝臓内にも少量の脂肪をストックしているのです。
しかし普段の食生活でたくさんの脂肪を摂取していると、肝臓内にストックされる脂肪の量も増えていきます。
これが脂肪肝です。

 

脂肪肝が進行すれば、肝炎肝硬変になります。

 

代謝が低下した中高年の人が、毎日のように食べすぎ飲みすぎていると脂肪肝になってしまいます。
食べることが好きな人やお酒が大好きな人は、脂肪肝に注意が必要です。

 

また肥満体型の人は、すでに脂肪肝になっている可能性も高いです。
脂肪肝の段階では、まず自覚症状はほとんどありません。
肝炎や肝硬変にまで進行する前に定期的に健康診断を受けて検査してみましょう。

 

関連ページ
脂肪肝について

 

肝炎の症状について

肝炎にはアルコール性やウイルス性、薬物性などがあります。
アルコールやウイルス、特定の薬物などが肝炎の原因となっています。

 

大量のアルコール摂取によって脂肪肝が進み悪化したのが、アルコール性肝炎です。
倦怠感や吐き気、黄疸といった症状が出ますが、自覚症状がない人もいます。
ウイルス性肝炎は肝がんになるリスクが高いので特に注意が必要です。
ウイルス性肝炎もはじめのうちは自覚症状が見られないことが多く、進行すれば倦怠感や吐き気、黄疸、発熱などの症状が見られます。

 

関連ページ
肝炎について

 

肝硬変の症状について

肝硬変は、肝炎がさらに進行して悪化した状態です。
脂肪肝や肝炎になり肝細胞が破壊と再生を繰り返しているうちに、次第に肝臓が硬く小さくなっていく病気が肝硬変です。

 

脂肪肝や肝炎の末期症状と言えます。
肝硬変の症状も同じように全身のだるさや疲れやすさ、黄疸や食欲不振といった症状が現れます。
しかし初期段階では気がつかない人も多いです。

 

肝機能障害は、いずれにしても初期段階では自覚症状がほとんどありません。
症状が進めば徐々に倦怠感や吐き気などを感じるようになり、さらに悪化すれば黄疸や腹水などの症状も現れてきます。

 

関連ページ
肝硬変について

 

限界が来るまで働き続け、症状を現さないのが肝臓です。
ただ回復力にも優れた臓器なので、初期症状であれば改善するのも早いですから定期的な検査がとても大切です。

肝臓サプリランキング

肝機能障害の症状・病気記事一覧

日本人の実に4人に1人が脂肪肝であると言われています。脂肪肝自体は深刻な病気ではありませんが、脂肪肝から肝硬変や肝臓がんへと進行するケースが多いです。脂肪肝ってどんな病気!?脂肪肝は、中性脂肪が肝臓に蓄積されてフォアグラ状態になってしまう病気です。まさに飽食の時代ならではの現代病です。食べ物から摂取した脂質は小腸で吸収されたあと、肝臓で脂肪酸に分解されます。肝臓では脂肪酸からさらに中性脂肪を作り、...

肝炎と一口に言ってもさまざまな種類があり、症状や原因も異なります。日本では、実に300万人近くの人がウイルス性肝炎に感染していると言われています。肝炎とはどのような病気なのか、肝炎の種類や症状、原因について詳しくご紹介しましょう。肝炎とは何かしらの原因で肝臓に炎症が起こった状態を、肝炎と言います。肝臓の細胞に炎症が起こり、肝細胞が破壊される病気です。肝炎の原因は実にさまざまで、ウイルスによるものや...

自覚症状もほとんどなく、じわじわと進行していくのが肝硬変です。肝硬変という病名自体はよく耳にするものの、どのような病気なのか詳しく知らない人も多いでしょう。肝硬変とはどのような病気なのか、また原因や治療法について詳しくご紹介します。肝硬変はどんな病気なの?肝硬変はその名の通り、肝臓が硬く変化してしまう厄介な病気です。正常な肝臓というのは柔らかく弾力があります。柔らかく弾力のあった肝臓が、カチカチに...

日本では肝臓がんで亡くなる人が年間3万人以上もいると言われています。男性では、肺がん、胃がんに次いで死亡率が高いのが肝臓がんです。肝臓がんとはどのような病気なのか、原因や初期症状についてご紹介しますので参考にして下さい。肝臓がんはどんな病気?肝臓がんには、肝臓そのものから発症する原発性と、肺や胃などの他からがんが転移する肝臓がんがあります。また原発性の肝臓がんの9割を占めているのは肝細胞がんで、残...