肝炎について

肝炎と一口に言ってもさまざまな種類があり、症状や原因も異なります。
日本では、実に300万人近くの人がウイルス性肝炎に感染していると言われています。
肝炎とはどのような病気なのか、肝炎の種類や症状、原因について詳しくご紹介しましょう。

 

肝炎とは

何かしらの原因で肝臓に炎症が起こった状態を、肝炎と言います。
肝臓の細胞に炎症が起こり、肝細胞が破壊される病気です。

 

肝炎の原因は実にさまざまで、ウイルスによるものやアルコールによるもの、または薬物や自己免疫などが挙げられます。
日本で一番多いのは肝炎ウイルスに感染して起こるウイルス性肝炎です。
A型、B型、C型、D型、E型などがあります。
A型とE型は主に食べ物からの経口感染で、慢性化することはありません。
B型とC型、D型の場合は、血液や体液から感染しこちらは慢性化することもあります。

 

これらのウイルスは、主に肝臓で感染して炎症を起こします。
どの型のウイルスであっても、場合によっては急激に肝細胞が大量に破壊される重症の劇症肝炎を起こすことがあります。
そうなると肝不全で死亡するケースもあります。
D型やE型肝炎は、日本での発症は極めて稀です。
日本では、B型肝炎とC型肝炎が大半を占めています。
アルコールの飲みすぎにより肝機能が低下するのがアルコール性肝炎で、薬物が合わなくて肝臓に障害が起こるのが薬物性肝炎です。

 

ウイルス性肝炎の種類や症状について

ウイルス性肝炎にはさまざまな種類があることを紹介しました。
最近では、B型肝炎に感染する若者も増えています。
では、それぞれの肝炎の特徴をご紹介します。

 

A型肝炎は、最近では衛生面の改善により感染者の数もかなり少ないです。
慢性化することもほとんどない種類で、ワクチンを接種して予防できます。

 

B型肝炎ウイルスは血液や体液からの感染で、ひと昔前までは主な感染ルートは母子間でした。
しかし1986年からは、B型肝炎の母親から生まれた子供に対してのワクチン接種が始まったので母子感染も少なくなっています。
また感染対策も徹底して行われるようになったので、輸血や医療行為などによる感染もほとんどなくなっています。
B型肝炎ウイルスもワクチン接種によって予防できます。

 

B型と同じように、血液によって感染するのがC型肝炎です。
ひと昔前は輸血による感染がとても多かったです。
しかし、1992年からは輸血血液に対して厳しい検査が始まったことで輸血による感染も減少しています。
C型肝炎は性的な接触による感染は少なく、入れ墨や覚せい剤といった注射の打ち回し、不衛生なピアスの処置などが原因となっています。

 

B型感染ウイルスの感染者だけに感染するのが、D型感染ウイルスです。

 

E型感染ウイルスは、主に飲み物や食べ物から感染します。

 

どの種類の肝炎でも症状は似ています。
症状の出方や症状の経過などで一過性の急性肝炎、慢性肝炎、劇症肝炎の3つに分類されています。
急性肝炎の場合、倦怠感や発熱、頭痛、黄疸などの症状が現れます。
慢性肝炎では自覚症状が見られない人が多いです。

 

アルコール性肝炎について

アルコールの過剰摂取により肝臓が炎症を引き起こすのがアルコール性肝炎です。
肝細胞が急激に大きく腫れ上がり、壊死と肝細胞の線維化によって肝障害を引き起こします。

 

脂肪肝になっている人がそのままお酒を控えずに大量にお酒を飲み続けた場合、20%ほどの人がアルコール性肝炎になると言われています。
アルコール性肝炎から肝硬変になる可能性もあります。
アルコール性肝炎になると、食欲不振や発熱、倦怠感などの症状が見られます。
悪化すれば黄疸やむくみ、腹水なども現れてきます。

 

アルコール性肝炎になると脂肪肝とは違い、肝臓へのダメージもかなり進行している状態です。
医師からアルコール性肝炎と診断されれば、間違いなく禁酒するように言われます。

 

予防するためには

アルコール性肝炎になると2度とお酒を飲めなくなる人も多く、禁酒後にも長い期間治療が必要になってきます。
肝細胞の再生は他の細胞よりも再生が早いと言われていますが、肝細胞が繊維化したり壊死するアルコール性肝炎になるととても厄介です。

 

脂肪肝の段階でアルコールを控えて症状が悪化しないように努めることが大切です。
また日本ではB型肝炎ウイルスとC型肝炎ウイルスへの感染者が多いですから、まだ検査を受けたことがない人は検査を受けるのがおすすめです。
家族の中にB型肝炎ウイルスやC型肝炎ウイルス感染者や肺がんの患者さんがいる人は特に検査するようにしましょう。
また、母子感染予防策が実施されていなかった1985年以前に生まれた方や、輸血や大きな手術を受けたことがある人も検査を受けるのがおすすめです。

 

肝炎はウイルス性のものやアルコール性、薬物性のものまでさまざまな種類があります。
いずれにしても早期発見、早期治療が大切ですから、まずは病院で検査を受けてみましょう。

 

肝臓サプリランキング

肝炎について関連ページ

脂肪肝について
脂肪肝について
肝硬変について
肝硬変について
肝臓がんについて
肝臓がんについて