肝臓がんについて

日本では肝臓がんで亡くなる人が年間3万人以上もいると言われています。
男性では、肺がん、胃がんに次いで死亡率が高いのが肝臓がんです。
肝臓がんとはどのような病気なのか、原因や初期症状についてご紹介しますので参考にして下さい。

 

肝臓がんはどんな病気?

肝臓がんには、肝臓そのものから発症する原発性と、肺や胃などの他からがんが転移する肝臓がんがあります。
また原発性の肝臓がんの9割を占めているのは肝細胞がんで、残りの1割を占めるのが胆管細胞がんです。

 

通常、肝臓がんと呼ばれているのは肝細胞がんのことで、他の臓器のがんとは違って基礎疾患を長年患っている人が多いです。
慢性肝炎肝硬変などの慢性の肝臓病が基礎疾患としてあり、これが肝臓がんの大きな原因となっています。

 

肝臓がんの原因とは

原発性の肝臓がんの原因は肝硬変です。
肝臓がんの患者さんの大半は、B型肝炎ウイルスかC型感染ウイルスに感染しています。
つまり、これらのウイルス性肝炎により肝硬変になり、それが肝臓がんを引き起こしているのです。

 

肝硬変の原因は、ウイルス性肝炎だけではありません。
大量にお酒を飲む人や肥満の人、糖尿病などの生活習慣病を患っている人も肝硬変を引き起こしやすいです。
実際に肝臓がんの患者さんには、酒豪の人や糖尿病の人が多いです。
糖尿病の人はそうでない人と比較して、肝臓がんになるリスクが2倍も高いと言われています。

 

脂肪肝や肝硬変、ウイルス性肝炎などの肝障害が全くない人が、いきなり肝臓がんが出来ることは非常に稀です。
もともと基礎疾患として肝硬変やウイルス性慢性肝炎などを長く患っており、これらの病気が進行することが肝臓がんの原因となっています。
それと同時に、高齢であることや男性に肝臓がんの発がん率が高くなっています。

 

肝臓がんの初期症状について

肝臓がんになっても初期症状は出にくくなっています。
臓器の中でも、最も大きく非常に丈夫な肝臓は少しくらいダメージが加わって腫瘍が出来たとしても、機能が衰えないのです。
ですからある程度、状態が深刻になってからでないと自覚症状が現れないというのが大きな問題です。

 

エネルギーの代謝やアルコールや有害物質の解毒など、さまざまな重要な役割を担っているのが肝臓ですから少々のことではダメージを受けないのです。
異常が起こり肝細胞の半数以上が破壊されたとしても、残りの肝細胞が働いてそれまでと変わりなく機能を保つことができるのが肝臓です。
非常に優秀な肝臓ですから、小さな腫瘍の頃には肝臓がんでも、ほとんどの人は初期症状が現れることがありません。
また肝臓は大きい上に、痛みを感じる知覚神経が通っていないことも、初期症状が現れない原因となっています。

 

しかし、全く初期症状がないかと言えばそうでもなく、食欲不振や疲れやすさ、全身の倦怠感などを訴える人もいます。
ただこれらの症状は、特別な症状でもなく風邪などの軽い病気でも起こる症状ですから、肝臓がんを疑う人はいないでしょう。
初期症状だけで肝臓がんを早期発見することはとても難しいのですが、先ほども説明したように肝臓がんの患者さんのほとんどは基礎疾患があります。

 

肝硬変やウイルス性慢性肝炎などが前段階として起こっています。
ですからこれらを発症していることが分かっていれば、肝臓がんのリスクも常に意識して備えることができます。

 

腹部超音波やMRI、X線CTなどの検査で発見される直径5センチ以内の腫瘍であれば、無症状であることがほとんどです。
直径が5センチから10センチほどのがんになると腹部が張るようになったり腹痛などの症状も起こるようになります。
がんが大きくなるにつれて、肝機能も低下していくことが多いです。
基礎疾患の肝硬変が悪化した症状として、腹水が増加したり黄疸などの症状が現れることもあります。

 

肝臓がんを早期発見するためには

肝臓がんは、肝硬変やウイルス性慢性肝炎などを経てがんへと変化していきますから進行はとてもゆっくりです。
数年から数十年もの長い期間をかけて、肝臓がんになります。
症状がないからと安心するのではなくて、肝炎ウイルスの検査は受けておくと安心です。
肝炎ウイルスに対していの優れた治療薬も出てきており、完治や進行を食い止めることができます。
また定期的に検査をしておけば早期発見することは十分に可能です。

 

妊娠した時には初期検査でB型、C型の肝炎ウイルス検査を受ける機会があるのですが、男性や妊娠経験のない女性は、自分から検査を受ける必要があります。
慢性肝炎や肝硬変にまで進行していると完治が難しいのですが、定期的な検査で肝臓がんの早期発見ができます。
年に一度の腹部CT検査や、3か月に一度の血液検査や腹部超音波検査などが行われます。

 

また脂肪肝の段階で生活習慣を見直して、肝炎や肝硬変、そして肝臓がんにならないように早めに対処することが大切です。

 

沈黙の臓器と言われる肝臓は、脂肪肝でも肝炎でも肝臓がんでも初期症状が現れにくいです。
定期的な検査と、食生活や生活習慣の改善で、肝臓がんを予防できます。

 

肝機能向けサプリランキング

肝臓がんについて関連ページ

脂肪肝について
脂肪肝について
肝炎について
肝炎について
肝硬変について
肝硬変について