脂肪肝について

日本人の実に4人に1人が脂肪肝であると言われています。
脂肪肝自体は深刻な病気ではありませんが、脂肪肝から肝硬変や肝臓がんへと進行するケースが多いです。

 

脂肪肝ってどんな病気!?

脂肪肝は、中性脂肪が肝臓に蓄積されてフォアグラ状態になってしまう病気です。
まさに飽食の時代ならではの現代病です。

 

食べ物から摂取した脂質は小腸で吸収されたあと、肝臓で脂肪酸に分解されます。
肝臓では脂肪酸からさらに中性脂肪を作り、肝細胞の中に蓄積します。
必要になった時に、中性脂肪をエネルギーとして出します。

 

糖質はブドウ糖に分解後、小腸から吸収され肝臓で同じく中性脂肪となり、肝細胞内に蓄積されて必要に応じてエネルギーとして利用されます。
放出されるエネルギーと蓄積された中性脂肪のバランスが取れていれば、もちろん問題ありません。
しかし、放出されるエネルギーよりも中性脂肪が多くなれば肝細胞に蓄積される中性脂肪がどんどん多くなります。
このように肝細胞に中性脂肪が溜まり続け、全肝細胞の30%以上が脂肪になる状態のことを脂肪肝と呼んでいます。
食事から脂質と糖質をたくさん摂り過ぎることや、運動不足によって脂肪肝になります。

 

脂肪肝には2つのタイプがある

アルコール性脂肪肝と非アルコール性脂肪肝の2つがあります。

 

栄養過多や運動不足が脂肪肝の原因になっていると紹介しましたが、アルコールの飲みすぎでも脂肪肝になります。
身体に入ったアルコールは、肝臓で解毒されてから身体の外に排出されます。
アルコールが肝臓で分解される解毒の過程で肝臓の働きに異常が起こり、肝臓内に中性脂肪が蓄積されやすくなるのです。
アルコールを飲みすぎることで起こる脂肪肝のことを、アルコール性脂肪肝と言います。
関係しない脂肪肝を非アルコール性脂肪肝と言います。

 

肥満や糖尿病の人、特定の薬なども脂肪肝の原因となり、これは非アルコール性脂肪肝に分類されます。
肥満や糖尿病の人は血糖値を下げる働きのあるインスリンの働きが低下するので、肝臓に脂肪が溜まりやすくなります。
また、極端な食事制限によるダイエットや、運動不足やファーストフードばかりの不規則な食生活で肝臓に中性脂肪が溜まりやすくなり、脂肪肝になるケースもあります。
特定の薬物や妊娠などで、脂肪肝になるケースも稀にあります。

 

お酒を飲まない人の脂肪肝に注意

肝臓の病気である脂肪肝は、お酒の飲みすぎが一番の原因であると思っている人も多いでしょう。
確かにお酒の飲みすぎは肝臓への大きな負担となり、脂肪肝やそのほかの肝機能障害の原因となります。
しかし日本人に多いのは、アルコールが関係しない非アルコール性脂肪肝の方です。
つまり飲みすぎではなくて、食べすぎによる脂肪肝の方が多いのです。

 

非アルコール性脂肪肝はメタボ由来の脂肪肝で、このタイプの脂肪肝になった人の90%以上が肥満や糖尿病、高血圧などを合併しています
患者の大半が、肥満や生活習慣病も患っているのです。
またこのタイプの脂肪肝は、症状が軽く改善しやすい単純性脂肪肝と、重症化しやすいNASHと言われる脂肪肝の2種類があります。

NASH

NASHの脂肪肝は、そのまま放置しておくと肝硬変や肝細胞がんへと進行すると言われています。
改善しやすい単純性脂肪肝であっても、NASHに進行することもあると言われています。
いずれにしても、メタボ由来の非アルコール性脂肪肝の場合には特に注意が必要です。

 

肥満や生活習慣病を合併している人も多いですが、そもそも肥満や生活習慣病が脂肪肝の原因にもなっています。
脂肪肝を改善するためにも、肥満や生活習慣の改善が必要です。

 

脂肪肝になるとこんな症状が

ひと昔前までは肝臓に中性脂肪が蓄積されるだけの病気だとあまり深刻に考えられていなかった脂肪肝ですが、NASHへの進行が懸念されます。

 

また心筋梗塞や狭心症などの合併症のリスクもありますし、生活習慣の温床になることも分かっており軽視できない病気となっています。

 

脂肪肝にはこれといった自覚症状がないので、なかなか気がつかない人も多いです。
ただ、脂肪肝になると血液がドロドロになるので血流が悪くなり、酸素や栄養素が全身に十分に行き届かなくなります。
そうなると疲れやすい、だるい、頭がぼーっとするなどの症状が現れることもあります。

 

思い当たる症状がある人は、健康診断を受けてみましょう。
脂肪肝から進行しないためにも早めに血液検査を受けて、健康状態をチェックしておくことが大切です。

 

脂肪肝はセルフケアで改善できる!

脂肪肝は早めに生活習慣を見直していけば、セルフケアで改善できます。

 

食事療法や適度な運動と、お酒を飲む人はお酒を控えて体重を落としていきましょう。
体重を2キロから3キロ落とすだけでも、肝臓に蓄積された中性脂肪も減少して肝機能も回復していきます。

 

皮下脂肪や内臓脂肪はダイエットをしてもなかなか落ちないものですが、肝臓についた脂肪は取れやすいですから少し頑張れば回復も早いです。
しかし脂肪は肝臓で作られているので、また食生活や生活習慣が元に戻ればすぐに脂肪肝も再発してしまいます。
一時的なものではなく、乱れた生活習慣や食生活を断ち切っていくことが大切です。
サポートとして健康食品やサプリなどで補ってあげるのも一つです。

 

食べすぎや飲みすぎ、運動不足や肥満などで脂肪肝になる人が増えています。
脂肪肝から肝硬変、心筋梗塞などに進行、悪化するリスクがありますから早めに生活習慣を見直していきましょう。

 

関連ページ
肝炎について

肝臓サプリランキング

脂肪肝について関連ページ

肝炎について
肝炎について
肝硬変について
肝硬変について
肝臓がんについて
肝臓がんについて